ウェストのキレイな女性

結婚式を挙げる

和装で結婚式や披露宴に出席する場合は時間帯や場所、形式、主催者との関係で着ていくものが異なってきます。和装の種類により格の上下がはっきり分かれるので注意が必要です。格式が最も高い礼服である黒留めそでは新郎新婦の母親や親族関係者など招待する側の既婚女性が着用します。第1礼装の五つ紋、準礼装の三つ紋、略礼装の一つ紋と分かれますが通常のゲストとして招かれた場合は三つ紋の色留袖や訪問着、振袖を着用するのが一般的です。着物を持っている人はそれを着用できますが持っていない人はレンタルを利用すると便利です。リーズナブルな金額で着物一式をレンタルできるところも多く着付けのサービスが付いているところもあります。

結婚式に和装で出席する場合は着ていく着物に配慮する事が大切です。黒留めそでは親族の既婚女性が着用し訪問着は既婚者や独身者どちらでも着用できます。色留袖や振袖は独身女性が着用するものですが、新婦が大振袖を着用することもあるので中振袖を着用するとよいでしょう。中振袖は小振袖より華やかで独身女性に適しています。和装で出席したくても持っていなかったり着付けができないなどの理由でレンタルを利用する人もたくさんいます。レンタルすれば着物一式が借りられ着付けがサービスで付いているからです。選び方がわからなくてもスタッフに相談でき自分に合ってバランスの良い着物を選べ、着付けも心配なく安心して任せることができます。